Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

福祉行財政と福祉計画

担当者 福地 潮人
学科 人関
学年 2
開講期 前期
単位数 2 単位
開講日 前期 月曜日 4時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

社会福祉基礎構造改革以降、わが国における社会福祉は市町村を基盤に、行政・住民・事業者の参加によって計画・立案される傾向が強まってきている。これに伴い、社会福祉専門職に対しても、国と地方の行財政や福祉計画についての専門的知識と技術が求められるようになってきている。本講義では、わが国における社会福祉の実施体制とその実態、福祉計画について、とくに社会福祉専門職として必要と思われる制度面での基本的な知識を習得することにねらいを定めて、講義を展開する。

■授業計画

1.福祉行財政に関わる基本概念
2.社会福祉法制度の史的展開
3.福祉行政の骨格と法制度
4.国の福祉行政と組織
5.地方の福祉行政と組織
6.社会福祉基礎構造改革と「国-地方」の役割
7.社会福祉の実施機関
8.社会保障給付費と福祉財政
9.社会保障関係費と福祉財政
10.国民負担率と福祉財政
11.民生費と地方福祉財政
12.福祉計画の基本的視点
13.福祉計画のプロセス
14.福祉計画におけるニーズ把握と評価
15.社会福祉行財政とローカル・ガバナンス

■履修上の注意

私語や飲食など、受講態度の面で目に余るような行為があった場合、以降の受講を認めないことがある。/
社会福祉の専門職を真剣に目指す学生の受講を望む。

■授業方法

-

■評価方法

学期末の筆記試験(100%)で評価する。ただし、出席数が全講義日数の3分の2に満たない者に関しては、同期末試験を受験できないので注意されたい。試験問題は単にノートだけから主題されるわけではない。担当講師の講義中の発言や配付資料の内容も出題対象となる。よって、受講生には毎回の講義内容を完全に記録し、理解することが求められる。

■授業テーマ

福祉行財政および福祉計画に関する基礎知識の習得

■授業の到達目標/育成する能力

①福祉行財政の歴史、現状、課題に関する正確な知識を身につけ、理解することができる。
②福祉計画の意義と目的、理論と方法について、主体的に思考し、判断することができる。

■教科書

社会福祉士養成講座編集委員会編(2017)『福祉行財政と福祉計画(新・社会福祉士養成講座10』(第5版)、中央法規出版。

■参考書

なし

■WEBページ

-

 
ページTOPへ