Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

ソーシャルワークII

担当者 小榮住 まゆ子
学科 人関
学年 2
開講期 前期
単位数 2 単位
開講日 前期 木曜日 2時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

個人・家族へのソーシャルワークの方法のうち、①課題中心アプローチ、②危機介入アプローチ、③解決志向アプローチ、④エンパワメント・アプローチ、⑤ナラティブ・アプローチ、⑥フェミニスト・アプローチの理論と方法について理解を深める。

■授業計画

1.オリエンテーション
2.ソーシャルワークの支援過程と実践モデル
3.ソーシャルワーク実践アプローチ①課題中心アプローチ
4.ソーシャルワーク実践アプローチ②危機介入アプローチ
5.実践アプローチを使った事例検討①
6.実践アプローチを使った事例検討②
7.実践アプローチを使った事例検討③
8.中間まとめ
9.ソーシャルワーク実践アプローチ④エンパワメント・アプローチ
10.ソーシャルワーク実践アプローチ⑤ナラティブ・アプローチ
11.ソーシャルワーク実践アプローチ⑥解決志向アプローチ
12.ソーシャルワーク実践アプローチ⑦フェミニスト・アプローチ
13.実践アプローチを使った事例検討④
14.実践アプローチを使った事例検討⑤
15.全体のまとめ

■履修上の注意

学習したソーシャルワークの実践アプローチをどのような問題に活用すればよいのか、また活用した際は、どのように展開すればよいのかを自ら考え体得していく授業プログラムになっています。
毎回、授業で得た知識がどう実践されているのかDVDで確認したり、事例を使った課題提出もある為、対人支援専門職をめざす学生、日常生活の些細な悩みを科学的に解決したい学生は主体的に参加してください。

■授業方法

-

■評価方法

筆記試験80%、小レポート・課題20%で総合的に評価する。

■授業テーマ

個人や家族を対象にしたソーシャルワークの実践アプローチについて理解する。

■授業の到達目標/育成する能力

ソーシャルワークの実践アプローチの知識を得て、日常生活で活用できる対人支援の方法を理解する。また、対人支援専門職としての技能や表現方法についても理解を深め身につける。

■教科書

太田義弘・中村佐織・安井理夫編著『高度専門職業としてのソーシャルワーク-理論・構想・方法・実践の科学的統合化』光生館 2017年

■参考書

必要に応じて指示する。

■WEBページ

-

 
ページTOPへ