Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

ソーシャルワークIII

担当者 小榮住 まゆ子
学科 人関
学年 2
開講期 後期
単位数 2 単位
開講日 後期 水曜日 2時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

ソーシャルワークの方法である集団を活用したグループワークの概念、支援過程、方法および地域を対象にしたコミュニティワークの概念、支援過程、方法について理解を深める。

■授業計画

1.オリエンテーション-グループワークとは何か-
2.グループワークの概念
3.グループワークの支援過程
4.グループワークの支援過程-準備期から開始期-
5.グループワークの支援過程-作業期から終結期-
6.ケースワークからグループワークへ-ODする若者支援-
7.グループワークによる支援展開-依存症を乗り越える-
8.グループワークのまとめ
9.コミュニティワークとは何か
10.コミュニティワークの概念
11.コミュニティワークの支援過程-ニーズ発見から地域アセスメント-
12.コミュニティワークの支援過程-地域福祉計画から実践、振り返り-
13.コミュニティワークの支援展開-精神障害者の働き場所づくり-
14.コミュニティワーク演習-地域アセスメント実施-
15.コミュニティワーク演習-報告書作成-

■履修上の注意

ソーシャルワークの方法レパートリーのうち、集団と地域を対象にしたソーシャルワークについて学びます。理論を演習を通じて実践的に学ぶプログラムになっていますので、問題を解決しようとする学びへの主体性をもって受講してください。

■授業方法

-

■評価方法

筆記試験50%、小レポート・演習課題50%で総合的に評価する。

■授業テーマ

集団を活用したソーシャルワークの方法及び地域を対象にしたソーシャルワークの方法について理解する。

■授業の到達目標/育成する能力

ソーシャルワークの方法である集団を活用したグループワーク、地域を対象にしたコミュニティワークの知識を得て、対人支援の方法を理解する。また、対人支援専門職としての態度や志向性についても理解を深め身につける。

■教科書

指定しない。

■参考書

必要に応じて指示する。

■WEBページ

-

 
ページTOPへ