Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

更生保護

担当者 木下 大生
学科 人関
学年 3
開講期 前期
単位数 2 単位
開講日 前期集中

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

本講義では、大別して以下の3点について学びます。①更生保護制度の意義と概要(仮釈放・保護観察・更生緊急保護・恩赦等)について、②更生保護制度における関係機関・団体との連携の方法(裁判所・検察庁・矯正施設・公共職業安定所・福祉事務所等)について、③犯罪・非行をした人への社会福祉士の支援の視点(エンパワーメント・ストレングス)について。

■授業計画

1.更生保護の意義
2.刑事司法の中の更生保護
3.保護観察
4.生活環境調整
5.仮釈放等・更生緊急保護・恩赦
6.犯罪予防
7.保護監察官・保護司・民間協力者
8.更生保護施設
9.検察庁との連携
10.裁判所との連携
11.矯正施設との連携
12.就労支援機関・団体との連携
13.福祉機関・団体・その他団体との連携
14.社会福祉士の視点に基づく犯罪・非行をした人への支援の視点
 (高齢者を中心に)
15.社会福祉士の視点に基づく犯罪・非行をした人への支援の視点 
 (知的障害者を中心に)

■履修上の注意

社会福祉専門職を将来目指す学生の受講を希望する。

■授業方法

-

■評価方法

筆記試験(70%)、授業態度(30%)にて評価する。授業態度については、特に私語に厳しく対応する。

■授業テーマ

罪を犯した人の社会復帰の制度である更生保護制度について学ぶ。この授業では特に罪を犯した人で福祉の支援が必要な人に焦点化する。

■授業の到達目標/育成する能力

大別して、1.更生保護制度の意義と概要、2.更生保護制度における関係機関・団体との連携、3.犯罪・非行をした人に対する社会福祉士の支援視点、の3点を理解し、社会において更生保護制度が必要な理由を説明できるようになる。

■教科書

社会福祉士養成講座編集員会編『更生保護制度(第4版)』(2017)中央法規出版

■参考書

法務省法務総合研究所『犯罪白書(平成27年度版)』日経印刷、浜井浩一『2円で刑務所、5億で執行猶予』(2009)光文社新書、小林美佳『性犯罪被害にあうということ』(2008)朝日新聞出版、鈴木伸元『加害者家族』(2010)幻冬舎新書、木下大生、藤田孝典『知りたい!ソーシャルワーカーの仕事』(2015)岩波書店

■WEBページ

-

 
ページTOPへ