Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

保健医療

担当者 室田 人志
学科 人関
学年 1
開講期 前期
単位数 2 単位
開講日 前期 金曜日 3時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

人はさまざまな疾病や災害などに遭遇し、いままでの生活から変更を余儀なくされることが多い。時には複雑で解決困難な生活問題を抱えて人間らしい生き方が困難になってしまう。本講義では、このような人々の生活問題とその発生構造を理解することに取り組んだうえで対応する施策や医療保険制度、保健医療専門職の業務や役割等について学ぶ。

■授業計画

1. オリエンテーション~保健医療で何を学ぶか~
2. 現代社会の生活環境の変化と健康・医療問題
3. 医療法改正と保健医療サービス
4. 医療供給体制のしくみ
5. 保健医療政策・診療報酬による医療施設の類型と機能
6. 医療ソーシャルワーカーの業務と役割―業務指針から
7. 医療ソーシャルワーカーの業務と役割の理解
8. 保健医療関係職種の業務内容と役割
9. 保健医療関係職種との連携
10. 保健医療サービスの概要―医療保険等
11. 保健医療サービスの概要―介護保険等
12. 診療報酬制度
13. 退院問題と「在宅医療」・地域ケア
14. 事例から学ぶ
15. まとめ

■履修上の注意

テキストとパワーポイントを使用して講義を進める。詳細は最初の講義の際に説明する。分からないことを講義中でも積極的に質問すること。社会福祉士国家試験受験資格科目であることと、1年時からいきなり専門分野の科目なので、分からないことは必ず質問するなど積極的に臨んで欲しい。

■授業方法

-

■評価方法

授業姿勢(20%)、ミニレポート(30%)、期末試験(50%)にて総合的に評価する。

■授業テーマ

病気になった人々の生活問題の理解と関わる保健医療制度等を学ぶ。

■授業の到達目標/育成する能力

社会福祉の対象であるさまざまな生活問題が、病気などによってどのように現れるのか具体的に理解できる。あわせて、健康保険や介護保険などの具体的な制度・サービスを理解し、社会福祉援助者としての専門的知識を獲得できる。

■教科書

川村匡由・室田人志編著「医療福祉論」ミネルヴァ書房
「社会保障の手引き」平成29年版、中央法規

■参考書

講義中に紹介する。

■WEBページ

-

 
ページTOPへ