Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

家族の社会学I

担当者 山本 正和
学科 人関・心理
学年 2
開講期 前期
単位数 2 単位
開講日 前期 月曜日 2時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

家族を一つの社会制度として考える個別の専門科学としての家族社会学の知見を基礎として、それと同時に、戦後から現代にいたる現実の家族変動のとらえかたと実態をかかわらせることで、理解を深めたいと考えている。

■授業計画

1.家族の社会学的研究の歩み
2.家族という制度の基礎的なとらえ方
3.「核家族」の「発見」とその意味
4.家族の変化と「核家族化」への展開
5.戦後社会と家族の変化
6.現代社会と家族の変動
7.家族の変容にかかわる社会的条件
8.日本家族の特質を考える
9.日本家族の特質としての「家」
10.「家」研究の議論から考えること
11.戦後家族の変化と日本家族の特質
12.家族変動と社会の変化
13.家族の内からの変化と外からの変化
14.家族の将来について
15.まとめ

■履修上の注意

講義は内容として系統的に進めるため、一貫した出席をもとめます。

■授業方法

-

■評価方法

教室での受講状況と、試験ないしはレポートによって評価を行います。その比率は前者が30%、後者の試験あるいはレポートが70%とします。

■授業テーマ

現代社会で私たちがもつ家族について、そこにある日本的な特質の理解と、それがもたらす家族変動への関係を考えます。

■授業の到達目標/育成する能力

現代の日本家族のなかに存在している家族の伝統的な性格や構造について、いままで積み重ねられてきた論議や研究をとりあげ、広い視野と深い認識を得ることを目標とする。

■教科書

今年度は使用しません。

■参考書

授業のなかで必要に応じて指示します。その多くは本学部の図書館にある本ですので、紹介があれば目を通すようにしてください。

■WEBページ

-

 
ページTOPへ