Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

家族の社会学II

担当者 山本 正和
学科 人関・心理
学年 2
開講期 後期
単位数 2 単位
開講日 後期 月曜日 2時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

「家族問題」についての研究の流れについて考え、まず「家族病理学」の考え方を批判的に取り上げ、その後今日までの「家族問題」のさまざまなとらえ方について説明します。具体的な問題では、夫婦関係、親子関係にもとづいた葛藤や紛争を取り上げ、その中でも離婚についての諸研究を深く紹介し、それがいかに日本の家族の特質に深く関わっているかについて、考えようとします。

■授業計画

1.はじめにー授業の内容についての説明ー
2.家族に生じる「問題」とはなにか
3.「家族病理」というとらえかた
4.家族病理の展開(1)
5.家族病理の展開(2)
6.現代の家族問題
7.「家族問題」と「問題家族」のちがい
8.家族問題のさまざま
9.家族関係の日本的な特徴
10.家族問題としての離婚
11.離婚と家族ー日本の場合ー
12.離婚と家族ーアメリカの場合ー
13.家族員の中の葛藤・紛争
14.親子関係の基本的な理解
15.親子関係の現状

■履修上の注意

原則として、出席を毎回確認します。
質問はおおいに受け付けます。授業終了時でも、それ以外でも、遠慮なく質問してください。
なお本科目は平成29年度で閉講するため、受講を希望する場合は29年度に必ず履修するようにしてください。

■授業方法

-

■評価方法

受講時の対応状況と終了試験ないしはレポートによります。その評価比率は受講時状況が30%で、残り70%は試験あるいはレポートでの評価とします。

■授業テーマ

現代日本における家族関係から生まれてくる「家族問題」について考えます。

■授業の到達目標/育成する能力

家族のなかに生じて来る「家族問題」について、いままでの議論や研究を批判的に紹介し、家族問題や家族紛争についての正確な理解とその対応力・解決力を養なうことを目指します。そのためにも、具体的な事例を取り上げ、さらに外国の場合もふくめて紹介・検討しつつ授業を進めます。授業では、とくに夫婦の離婚、親子の紛争から発生する家族の「問題」を中心にし、その現状への正確な認識を得ることを目標とします。

■教科書

今年度はとくに指定しません。

■参考書

授業の中で補助的に読んでほしい文献として指示します。図書館等で目に触れることを希望します。

■WEBページ

-

 
ページTOPへ