Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

社会調査論

担当者 山本 正和
学科 人関・心理
学年 2
開講期 後期
単位数 2 単位
開講日 後期 月曜日 1時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

現代社会を認識する原理として発達してきた社会学の発展を、実証的な側面から支えてきた社会調査の意味について考えます。主要な社会調査法について学ぶことや、調査票の作り方やデータの収集、あるいはさまざまな調査報告類を読むのに必要な知識を学習することを目ざしますが、それだけではなく、社会調査によって得られた実証研究の成果を取り上げ検討することで現実科学としての社会学の性格をも考える機会とします。そのことを通して、社会調査の視点から現代の社会と社会問題をより深く考察することを目ざすと同時に、本学科における人間関係に関する他の諸科目の学修と関連して、広くリサーチ・リテラシーを涵養することも目的とします。

■授業計画

1.社会調査とは何かー社会的事実のとらえ方と経験科学の性格
2.社会調査の歴史的展開ー時代と社会のいかなる課題が調査の対象となったか
3.社会調査の種類(1)国家・行政による調査ー国勢調査、事業所統計調査、人口動態調査、農林業センサス
4.社会調査の種類(2)民間機関による調査ーマスコミによる世論調査、企業による市場調査
5.社会調査の種類(3)研究のための調査
6.問題点の発見と調査課題の決定ー質的調査と量的調査
7.概念、仮説、変数の考え方と測定の方法について
8.調査対象の正確性と代表性ー標本(サンプリング)と母集団ー確率抽出法の考え方
9.質問紙調査の方法ー質問項目の作成と質問文の実例
10.既存統計および既存研究文献の種類とその使用法
11.ドキュメント(記録)調査の方法と実例の検討
12.参与観察法の考え方と研究調査の実例の検討
13.社会調査の倫理についてー人間が他人の生活を調査することの問題点
14.調査結果の発表方法にともなう問題ー正確な表現手段の確立・被調査者への配慮など
15.授業のまとめー何のための調査かー調査は社会のためになるか

■履修上の注意

本授業は資格関係の指定科目でもあるため、毎回の出席は必ず確認します。
授業についての質問は、授業終了時に受け付けます、遠慮なく来てください。

■授業方法

-

■評価方法

試験ないしはレポートによって評価します。ただし、授業の進み具合から、時に中間的なペーパーの提出を求めることもあります。その評価比率は、試験あるいはレポートが60%、それ以外の受講時での出席状況や提出ペーパーの評価が40%程度です。

■授業テーマ

社会調査についての基礎的理解

■授業の到達目標/育成する能力

社会調査の性格や役割について、概論的に講義します。また、社会調査の歴史についても認識を深め、現在のさまざまな社会調査報告を批判的に見る力を養いたいと思っています。講義では、調査の全過程のなかで、とくにデータの収集にかんする部分に集中し、中でも調査過程に生じるバイアス、調査者と被調査者との人間関係的な側面の問題について、理解を深めることを目標とします。本授業では社会現象を正確に認識するための知識・理解の能力を育成します。

■教科書

小林修一ほか編著『テキスト社会調査』梓出版社

■参考書

盛山和夫『社会調査法入門』東大出版会
平山尚ほか『ソーシャルワーカーのための社会福祉調査法』ミネルヴァ書房
新睦人・盛山和夫『社会調査ゼミナール』有斐閣
斉藤嘉孝『社会福祉調査』新曜社

■WEBページ

-

 
ページTOPへ