Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

社会調査の技法

担当者 谷口 功
学科 人関
学年 2
開講期 前期
単位数 2 単位
開講日 前期 火曜日 1時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

社会調査は、現代社会に生じるさまざまな社会的事象を認識するための科学的方法である。社会的事象が生じた背景や原因、対策を明らかにするためには、その事象に関わる質的・量的データを収集し、分析することが必要となる。この講義では、調査企画、調査設計、データ収集までの一連の作業過程における考え方と具体的方法を学ぶ。

■授業計画

1.  調査企画と調査方法(各方法の特徴、方法の選び方)
2.  ソーシャル・サーベイ 1(企画と設計~仮説構成)
3.  ソーシャル・サーベイ 2(質問紙 作成上の注意点)
4.  ソーシャル・サーベイ 3(質問紙の作り方 実践とプリテスト 
配布と回収の方法)
5.  ソーシャル・サーベイ 4(サンプリング 全数/標本調査、
非/確率的抽出、標本誤差、サンプリングの選び方)
6.  ソーシャル・サーベイ 5(依頼~配布~回収)
7.  ソーシャル・サーベイ 6(エディティング、コーディング、
データクリーニング~分析まで 方法)
8.  ソーシャル・サーベイ 7(エディティング、コーディング、
データクリーニング~分析まで 実践)
9.  統計の2次分析 1 (統計の入手先・方法・注意点)
10.  統計の2次分析 1 (データの読み方と応用)
11.  インタビューと観察 1(事前準備)
12.  インタビューと観察 2(対象者との接触~データ(調査票やフィールドノート)の入手法)
13.  インタビューと観察 3(分析の深め方)
14.  発表と討議(各方法の特徴と留意点)
15.  まとめ

■履修上の注意

社会調査士認定科目を履修済み、もしくは履修中(履修予定)であることが望ましい。/
世の中の出来事に疑問を持つことから調査は始まります。

■授業方法

-

■評価方法

授業への参加状況(50%)、レポート(50%)などから総合的に評価。

■授業テーマ

社会調査の技法

■授業の到達目標/育成する能力

社会調査を実施する上での基礎的な技法を理解することができる。

■教科書

適宜プリントを配布する。

■参考書

適宜指示する。

■WEBページ

-

 
ページTOPへ