Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

情報科学と人間I

担当者 兼松 篤子
学科 人関・心理
学年 2
開講期 後期
単位数 2 単位
開講日 後期 火曜日 3時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

プレゼンテーションとは、自分の意見や気持ち、情報などを、言葉と言葉以外の手段を使って、相手の注意を喚起し、興味を沸かせ、理解させ、お互いが共有・共感することである。プレゼンテーションの技法は特別な場だけのものではなく、就職活動やその後、社会人になってからも必要となってくるだろう。本講義ではプレゼンテーション作成ソフトのMS-PowerPointを使い、論理的な文章の書き方、情報収集の方法と活用、プレゼンテーションの表現技術を習得するとともに口頭でのプレゼンテーション技法の基本を学ぶ。

■授業計画

1.オリエンテーション
2.画面構成や表示の切り替え
3.テキストの入力[1]:レイアウト
4.テキストの入力[2]:テキストボックスの利用
5.スライドの操作
6.図の作成と操作
7.表やグラフの利用
8.画像の操作
9.Excelの使い方
10.Excelで作成した表やグラフの挿入
11.アニメーションの設定[1]:テキスト
12.アニメーションの設定[2]:図
13.プレゼンテーションの実行[1]:プレゼンテーションのポイント
14.プレゼンテーションの実行[2]:実演
15.まとめ

■履修上の注意

パソコンの基本的な使い方を知っていることを前提に講義を進めるので「コンピュータと情報」を履修済み、もしくはそれと同等の知識・技能を有することが望ましい。実習を中心に進めるので、欠席すると講義についてこれなくなる可能性があるので注意が必要である。/
プレゼンテーションの技術は特殊なものではなく、今後みなさんの生活の中で必要となる技術です。例えば就職活動の際、面接での自己アピールの時に重要になってきます。また社会人になった後も必要とされます。この講義は、わかりやすい・伝わりやすいプレゼンテーションを行う技術を身につけることを目標としています。みなさんの主体的・積極的な学習を期待しています。

■授業方法

-

■評価方法

受講状況(30%)と課題の達成状況(70%)を総合的に評価する。

■授業テーマ

PowerPointを利用したプレゼンテーション技法の習得

■授業の到達目標/育成する能力

PowerPointを利用して、わかりやすいプレゼンテーションができるようになる。

■教科書

指定しない

■参考書

なし

■WEBページ

-

 
ページTOPへ