Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

情報科学と人間II

担当者 中 貴俊
学科 人関・心理
学年 2
開講期 後期
単位数 2 単位
開講日 後期 金曜日 4時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

近年の様々なデータは電子化され数値データとして扱う機会が多い。また、電子化された膨大な数値データの処理はコンピュータのソフトを使用することが望ましい。そこで,本講義では表計算ソフト(Excel)を用いた実践を主体とし,統計結果の数値データに対してExcelで統計処理をして分析する方法について学び,理解を深めることをめざす。

■授業計画

1.はじめに・Excel基本的な使い方
2.度数分布
3.平均・中央値・最頻値
4.分散・標準偏差
5.相関(1):間隔尺度
6.相関(2):順序尺度
7.相関(3):名義尺度
8.中間のまとめ(演習)
9.多変量解析(1)
10.多変量解析(2)
11.検定法(1):t検定
12.検定法(2):カイ2乗検定
13.検定法(3):分散分析
14.その他の検定法
15.まとめ

■履修上の注意

コンピュータを用いた実習が主体の講義となる為、データ等キーボードやマウスを用いた入力・編集作業について一通り習得していることが望ましい。
(必須ではないが、講義の進行速度は全体の受講生の作業状況を見て判断する為、作業が全体から遅れている場合は各自講義外の時間を利用して対応すること)

■授業方法

-

■評価方法

講義の各回において取り組んだ内容・出題した課題の評価を総合して本講義の評価とする。

■授業テーマ

表計算ソフト(Excel)を用いた統計の実践

■授業の到達目標/育成する能力

統計結果を表計算ソフトで処理・分析する方法を習得する。

■教科書

指定しない

■参考書

松田文子,三宅幹子,橋本優花里『わかって楽しい心理統計法入門』(北大路書房)

■WEBページ

-

 
ページTOPへ