Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

情報科学と人間IV

担当者 早瀬 光浩
学科 人関・心理
学年 2
開講期 後期
単位数 2 単位
開講日 後期 木曜日 2時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

研究を取りまとめていく時には,効果的な図表の作成方法は必須の技術となる。
また収集したデータを統計解析して議論を進めていくことも求められる。このようなときにコンピュータによる図表作成・統計解析は必要不可欠である。
本講義ではMicrosoft Excelを用いた図表作成・統計解析の基礎技術を習得することを目的とする。

■授業計画

1.はじめに ~基本的な文字入力,演算子を用いた計算~
2.Microsoft Excelの基礎Ⅰ ~表の作成~
3.Microsoft Excelの基礎Ⅱ ~セルの参照方法,基礎的な関数~
4.Microsoft Excelの基礎Ⅲ ~グラフの作成~
5.記述統計学Ⅰ ~代表値~
6.記述時計学Ⅱ ~散布度~
7.度数分布表とヒストグラム,統計量要約グラフ(誤差グラフ),基準値
8.相関分析と回帰分析 ~単相関係数,散布図,直線回帰式,決定係数~
9.確率分布Ⅰ -2項分布,ポアソン分布,正規分布-
10.確率分布Ⅱ -標準正規分布,正規確率-
11.母集団と標本Ⅰ -母平均の推定-
12.母集団と標本Ⅱ -母比率の推定,サンプルサイズの決定-
13.統計的検定Ⅰ -1標本:1集団の場合-
14.統計的検定Ⅱ -2標本:2集団の場合-
15.T検定 ~対応がある場合と対応がない場合~

■履修上の注意

講義資料によく目を通し,Excel関数の使い方を理解して使うこと。/
コンピュータが一般的に普及し,コンピュータを扱えることが特別なことではなく当たり前の世の中となっている。資料のためのグラフ作成や,簡単なデータ統計,計算,解析などにおいてもコンピュータの利用の有無は,作業の効率化を図ることができる。また,電子化されたファイルによって管理も容易となる。
ぜひ本講義を通して,コンピュータに苦手意識のある人は克服してくれることを望む。
※平成29年度で閉講となるため,受講希望者は平成29年度に必ず履修すること

■授業方法

-

■評価方法

実習形式の講義であるため,ほぼ毎回の講義において演習を行う。また,3,4回程度演習課題を行う。
演習課題の提出状況,内容(80%)および実習への参加態度(20%)によって総合的に評価を行う。

■授業テーマ

Microsoft Excel を用いた統計解析

■授業の到達目標/育成する能力

[到達目標]
Microsoft Excelを用いて図表作成ができる。
Microsoft Excelを利用して基礎的な統計解析ができる。

■教科書

指定しない

■参考書

指定しない

■WEBページ

-

 
ページTOPへ