Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

文化人類学

担当者 杉藤 重信
学科 人関・心理
学年 1
開講期 後期
単位数 2 単位
開講日 後期 金曜日 3時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

グローバリズムがますます進行する現在、文化的多様性の意義や重要性について理解することがきわめて重要である。本講義では、文化人類学の主要なトピックを学びながら自己中心的な価値観の再検討をめざすことにある。すなわち、受講者は、ことなる文化とであい、ことなる文化をよく知ることによって、自己の文化を知り、ひいては人間とはなにかについての理解を深めることができる。本講義では、そうした目的のために、人類学の歴史と主たる理解の枠組みについて講述する。

■授業計画

1.イントロダクション 
2.民族とは何か
3.文化とは何か
4.未開と文明
5.文化進化論
6.機能主義
7.フィールドワークの論理
8.言語学と構造主義
9.親族と社会組織
10.婚姻システム
11.言語・認識・分類
12.象徴と認識
13.ポスト構造主義
14.法人類学
15.むすびにかえて:現代社会と文化人類学

■履修上の注意

本講義では、授業に集中した受講態度で臨み、講義内容についてのWebClassへの書き込みを必ず指定時間内に行なうことがもとめられている。学生諸君の積極的な受講態度を期待する。

■授業方法

-

■評価方法

学生証で出席を確認するので必ず所持すること。評価方法はWebClassへの書き込みをもとに平常点として総合的におこなう。成績基準は、講義内容の理解とその理解に伴う適切な質問やコメントの内容である(書き込み100%)。

■授業テーマ

文化人類学の歴史を学ぶことを通じて、人間とは何かについての理解を深める。

■授業の到達目標/育成する能力

異文化理解のための基礎としての文化人類学の考え方を学史をふまえながら様々なトピックをもとに理解(知識・理解)し、自己や他者に対する理解を深化させる(思考・判断)することを目標とする。

■教科書

指定しない。

■参考書

指定しない。

■WEBページ

-

 
ページTOPへ