Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

メルヘンと人間

担当者 長谷川 淳基
学科 人関・心理
学年 2
開講期 後期
単位数 2 単位
開講日 後期 金曜日 3時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

ドイツ・メルヘンの最高作品と評されるノヴァーリスの『青い花』について講義します。ドイツ人の無限の空想力について考えます。背景をなすドイツの深い思想ならびにモチーフの系譜についても話しをします。

■授業計画

1. レッシング「賢人ナータン」 迷信を信じることについて考える
2. ゲーテ「メルヘン」 メルヘンのお手本となるものがたり
3. ノヴァーリス「青い花」第1章 夢について - 父と息子に訪れた同じ夢の意味
4. ノヴァーリス「青い花」第2章 母と息子の旅立ち、「イルカに救われた歌人」のメルヘン
5. ノヴァーリス「青い花」第3章 「アトランティス・メルヘン」 
6. ノヴァーリス「青い花」第4章 薄幸の女性ツリーマとの出会い
7. ノヴァーリス「青い花」第5章 未来を告げる書物との出会い
8. ノヴァーリス「青い花」第6章 「青い花」はマティルデだった - バイエルン・アウクスブルクに到着
9. ノヴァーリス「青い花」第7章 ハインリヒとマティルデの婚約 
10. ノヴァーリス「青い花」第8章 夢について - マティルデの死を予告する夢の意味
11. ノヴァーリス「青い花」第9章前半 クリングゾールのメルヘン1  最高のドイツメルヘン
12. ノヴァーリス「青い花」第9章後半 クリングゾールのメルヘン2  難解さと解釈
13. マティルデの死。ハインリヒのさすらい ― 最も愛する人は、いなくなる
14. マティルデの死。ハインリヒのさすらい ― 絶望を克服する方法の研究
15. 未完の作品「青い花」の結末を考える 

■履修上の注意

特になし/
ドイツ文学史上、最高のメルヘンと称される作品です。難解ですが、エネルギーを注ぐ価値はあります。大学生必須の知識と思考力を身につけます。

■授業方法

-

■評価方法

毎回のワークシート記入(4割)と期末のレポート(6割)により成績評価をします。

■授業テーマ

メルヘンの分析と研究

■授業の到達目標/育成する能力

知識・理解、思考・判断を身につける。

■教科書

「青い花」(岩波文庫)

■参考書

「グリム伝説集」(人文書院)。ギリシャ神話(岩波文庫、他)。ダンテ「神曲」(河出書房新社、他)。

■WEBページ

-

 
ページTOPへ