Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

英語圏の文化と人間

担当者 平野 順雄
学科 人関・心理
学年 2
開講期 後期
単位数 2 単位
開講日 後期 月曜日 4時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

何らかのテーマを決めて、主にアメリカ文化を読み解く。
これまで、黒人やユダヤ系作家の小説によって、アメリカ文化の中の異人種を考えるとか、アメリカ文化の源流を確かめるためにソローの『森の生活』を精読するとか、英米文学に現われる「自然」、「家」、「男女」の表象をたどるなどの試みをした。また、ノンセンス(無意味)の世界へ足を踏み入れたこともあった。だが、今回は意味の世界へ戻る。どういう作品が感動を与えるのか、考える。

■授業計画

1.イントロダクション
2.「ハムレット」(シェイクスピア作)
3.「ドン・キホーテ」(セルバンテス作)
4.「ガリヴァー旅行記」(スウィフト作)
5.「チャタレー夫人の恋人」(D.H.ロレンス作)
6.「草の葉」(ホイットマン作)
7.「ウォルデン」(ソロー作)
8.「華麗なるギャッツビー」(フィッツジェラルド作)
9.ポウの作品
10.「緋文字」(ホーソーン作)
11.「白鯨」(メルヴィル作)
12.フォークナーの短編
13.ブコウスキーの短編
14.「荒地」(T.S.エリオット作)
15.ディスカッション

■履修上の注意

想像力を広げてみてください。作品の世界の中でなにが起こっているのかを、主人公とともに体験してみてください。
つぎに、作者とともに作品を体験してみてください。

■授業方法

-

■評価方法

レポート70%、平常の授業への取り組み30%の割合で評価する。

■授業テーマ

英語圏の文化と人間

■授業の到達目標/育成する能力

英語圏の文化と人間を考察する。主に文学作品を用いて、英語圏の人間の考え方やものの感じ方を考える。

■教科書

プリントを使用する。

■参考書

特に指定しない。

■WEBページ

-

 
ページTOPへ