Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

スポーツ文化論

担当者 三井 悦子
学科 人関・心理
学年 2
開講期 後期
単位数 2 単位
開講日 後期 木曜日 1時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

ブランコ・凧揚げ・綱引き・鬼ごっこ・ダンス・山歩き・ジョギング。さて、この中で「スポーツ」はどれ?正解は? …全部。そう、これらはすべてスポーツ。人はなぜスポーツをするのだろう?なぜ競うのか?なぜ踊るのか?なぜ遊ぶのか?われわれ人間がこれまで夢中になり受け継いできたさまざまなスポーツ文化をとりあげ、スポーツとは何か、人間とはどういう存在かを考える手がかりとする。

■授業計画

1. イントロダクション
2. 身のまわりにあるいろいろなスポーツとその特徴
3. スポーツのなぜ? スポーツの不思議
4. スポーツの意味
5. 遊びとスポーツ
6. 伝統スポーツと近代スポーツ
7. ルール・用具・コスチュームの変遷
8. 古代オリンピックと近代オリンピック
9. 障がい者スポーツとパラリンピック 
10. もう一つのオリンピック
11. 民族に特有なスポーツ
12. 日本の祭りとスポーツ
13. 諸外国の祭りとスポーツ 
14. 新しい時代のスポーツにむけて
15. まとめ
以上のようなテーマを取り上げる。
状況に応じて、授業の内容や展開を入れ替えることがある。

■履修上の注意

今まであたりまえと思っていたタイイクやスポーツのイメージにクエスチョンマークをつけ、なぜ?どうして?ほんとうなの?と疑ってみることを出発点にしてください。

■授業方法

-

■評価方法

授業内容への積極的な参加と小レポート(50%)、定期試験(50%)

■授業テーマ

人間はどのようなスポーツを生み出し、かかわってきたか。スポーツという文化を通して「人間」という存在について考える。

■授業の到達目標/育成する能力

現代の「スポーツ」をめぐる問題について知識や理解を深め、スポーツと人間の関係について広い視野と観点から考察することを通して、スポーツと人間との新しいつき合い方を見つけ出す。

■教科書

指定しない。

■参考書

指定しない。

■WEBページ

-

 
ページTOPへ