Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

生涯スポーツの方法と技術

担当者 三井 悦子
学科 人関・心理
学年 2
開講期 後期
単位数 2 単位
開講日 後期 水曜日 3時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

生涯にわたる健康な生活にとって、また、人間としてじゅうぶんに生きることにとってスポーツはどのような役割を果たすか。スポーツの可能性と問題点についての理解を深め、その実践のための方法や技術について学ぶ。既存の技術やルールにこだわらず、メンバーにふさわしい新しいスポーツ技術やルールを創出する柔軟性、仲間との協同やスポーツを楽しむ態度、スポーツイベントの企画・運営の方法とその調整力などを修得する。

■授業計画

1. イントロダクション 
2. 生涯教育・生涯スポーツ  
3. ライフ・ステージとスポーツ
4. スポーツの多様化
5. 競いあいを楽しむ
6. 人間の健康について  
7. スポーツ的自立について
8. スポーツ・コミュニティ・仲間づくり
9. ニュー・スポーツの創造
10. 用具とルールの工夫
11. ネット型スポーツの特徴とルールの作り方
12. ネット型スポーツの魅力とゲームの作り方
13. コート型スポーツの特徴とルールの作り方
14. コート型スポーツの魅力とゲームの作り方
15. まとめ
上の項目を中心テーマとするが、受講生の状況に応じて、
授業の内容や展開を入れ替えることがある。

■履修上の注意

この授業を通して今後のスポーツライフを豊かに展開していけるよう、積極的な参加を期待します。

■授業方法

-

■評価方法

授業への積極的な関与(50%)、レポート(50%)

■授業テーマ

スポーツと共生

■授業の到達目標/育成する能力

「人間の健康」や「人間的な生活」への理解と志向性を深め、「共に生きること」を実践していくためのスポーツの方法と技術を獲得する。

■教科書

指定しない

■参考書

適宜紹介する

■WEBページ

-

 
ページTOPへ