Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

臨床心理学I

担当者 西出 弓枝
学科 人関・心理
学年 2
開講期 後期
単位数 2 単位
開講日 後期 木曜日 1時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

教科書を利用しながら臨床心理学的アプローチの概要を理解し、不適応、アセスメント、臨床心理学の現場、倫理問題、教育・訓練などについて取りあげるが、特に児童臨床心理学に焦点を当てながら概説する。

■授業計画

1.臨床心理学とは
2.児童臨床心理学とは
3.適応と不適応
4.子どもの特徴
5.子どもの不適応
6.臨床心理学的アプローチの枠組み
7.臨床心理学の現場
8.心理アセスメント
9.心理治療のプロセス(1)-治療構造-
10.心理治療のプロセス(2)-面接経過と課題-
11.心理治療理論と技法
12.子どもの遊び
13.子どもの心理療法(1)-概説-
14.子どもの心理療法(2)-治療の実際-
15.子どもの心理療法(3)-治療の実際-

■履修上の注意

毎回授業の振り返りのために、ミニレポートを提出する。授業に必要のない私語厳禁。/
能動的な参加を期待する。わからない事項は質問したり、事典・文献を調べるなどして、理解を促進しよう。

■授業方法

-

■評価方法

ミニレポートetc、受講態度(30%)、試験(70%)を総合的に評価し、60点以上を合格とすることを含め大学で定められた成績基準に従い評価する。

■授業テーマ

児童臨床心理学

■授業の到達目標/育成する能力

臨床心理学への導入として、臨床心理学理論の包括的な学習を通して、臨床心理学の専門用語や専門性について理解することを目標とする。

■教科書

杉原一昭(監修) (2003). はじめて学ぶ人の臨床心理学 中央法規

■参考書

必要に応じて講義中に提示する。

■WEBページ

-

 
ページTOPへ