Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

性格心理学

担当者 杉山 佳菜子
学科 人関
学年 2
開講期 後期
単位数 2 単位
開講日 後期 月曜日 1時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

日常生活で「性格」という言葉を用いることは多いが、「性格」とはいったい何なのかと聞かれると答えるのは難しい。本講義では「性格(パーソナリティ)」とは何なのかについて心理学的に考える。具体的には性格についての基本概念と諸理論、形成過程、診断方法、不適応との関連について解説する。講義の中で、簡単な実験を実施し、自身の性格について考察する課題を課す。その結果を自分なりに考察し、小レポートにまとめることを求める。

■授業計画

1.オリエンテーション
2.性格の基本概念1:パーソナリティとキャラクター(パーソナリティとキャラクターなど、性格を表す言葉の意味を復習する)
3.性格の基本概念2:暗黙のパーソナリティ観(人の性格についての思い込みがないか考えておく)
4.性格の諸理論1:類型論(類型論とは何か、問題点は何かについて復習する)
5.性格の諸理論2:特性論(特製論とは何か、BigFiveについて復習する)
6.性格の諸理論3:精神分析理論(精神分析理論とは何かについて復習する)
7.性格の諸理論4:学習理論と場の理論(5つの理論について復習し、違いを明確にして理解する)
8.性格発達の諸相1:アタッチメントと内的作業モデル(子どもの頃の母親への態度を思い出しておく・アタッチメントの3つのタイプについて復習する)
9.性格発達の諸相2:自己意識(自分とはどんな性格かについて考えておく・自己概念、自尊心について復習する)
10.性格発達の諸相3:家族・きょうだい・仲間関係(性格の人間関係への影響を復習しておく)
11.性格研究の方法1:質問紙法
12.性格研究の方法2:作業検査法と投影法(質問紙法・作業検査法・投影法の長所短所について復習する)
13.性格の歪み1:ストレスと適応障害(自分のストレス状態について考察しておく・ストレスの影響について復習する)
14.性格の歪み2:パーソナリティ障害(パーソナリティ障害の種類と症状について復習しておく)
15.まとめ

■履修上の注意

特になし/
授業中の私語は厳禁である。講義中に実施する課題に対しては真摯に取り組んでもらいたい。

■授業方法

-

■評価方法

筆記試験70% 授業内での小レポート30%で総合的に評価する。

■授業テーマ

性格(パーソナリティ)の心理学的意味を学ぶ

■授業の到達目標/育成する能力

性格(パーソナリティ)についての諸理論を学び、性格とは何なのかについて心理学的に理解し、人間理解を行うための基礎的な知識を習得する。また、自身の性格の考察を通して、自分の思考や行動の特徴を踏まえた人間関係の形成の方法について考える。

■教科書

なし

■参考書

必要に応じ、授業内で指示する。

■WEBページ

-

 
ページTOPへ