Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

学校臨床心理学

担当者 舛田 亮太
学科 人関・心理
学年 3
開講期 前期
単位数 2 単位
開講日 前期 水曜日 2時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

学校臨床心理学におけるさまざまな活動を理解する。特に個室での相談モデルでなく、生活臨床やコミュニティアプローチを重視したスクールカウンセリングの重要性についても学んでいく。

■授業計画

1.我が国の学校臨床心理学 生徒指導と教育相談
2.小学校での実践
3.中学校での実践
4.高校での実践
5.大学での実践
6.不登校
7.いじめ・非行
8.発達障害
9.危機介入と緊急支援
10.保護者対応
11.スクールカウンセラーと教師との連携・支援体制
12.学校臨床のアセスメント
13.ケース会議
14.関係機関との連携、チーム支援の実際
15.まとめ、レポートのフィードバック

■履修上の注意

本授業により自分が学んできた学校での経験を改めてみつめなおす機会にもできると思います。
専門的内容の学習に関しては、目的意識を持ち、積極的に講義に参加することを求めます。

■授業方法

-

■評価方法

授業後の感想、ワークシート等提出物(30%) レポート(70%)

■授業テーマ

学校臨床心理学の理解

■授業の到達目標/育成する能力

教育領域における臨床心理学の実践例について概要を把握する。教育場面に応じた児童・生徒・学生たちへの援助法について、その大まかな方針について理解することができる。教育臨床の基本的態度を身に着けることができる。学校、地域の連携についての重要性を理解することができる。

■教科書

・学校臨床心理学―学校という場を生かした支援 伊藤亜矢子 北樹出版; 改訂版

■参考書

・図説 子どものための適応援助―生徒指導・教育相談・進路指導の基礎 小泉 令三(編著)
・カラー版 徹底図解 臨床心理学 ―フロイトの理論から現代の臨床事例まで 青木 紀久代 新星出版社
・河合隼雄のスクールカウンセリング講演録 河合 隼雄 (著), 村上 正治 (編集), 滝口 俊子 (編集)  創元社 2008

■WEBページ

-

 
ページTOPへ