Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

青年心理学

担当者 杉山 佳菜子
学科 人関・心理
学年 2
開講期 後期
単位数 2 単位
開講日 後期 月曜日 2時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

この講義は生涯発達という観点から、青年期の発達について扱う。青年期はからだや心に多くの変化が起こる時期である。こうした青年期の発達と変化を理解し、青年期の心理的な特徴を学ぶことがこの授業の目的である。その特徴をより理解を深めてもらうために、講義の中で簡単な課題を課す。大学生は青年期に相当するので、自分自身の経験、行動や考え方を青年の特徴と照らし合わせて考え、自分について心理学的に考察していく。

■授業計画

1.オリエンテーション(13回の講義のキーワードおよびポイントを紹介する)
2.青年期とはどんな時期なのか(青年期とはどんな時期なのかの概略を復習する)
3.身体的変化(ボディーイメージについての予習・どのような変化があるのかの復習)
4.身体的変化がもたらす心理的影響(自分のボディーイメージについて考察しておく・摂食障害について復習する)
5.認知的変化(自分の考え方・ものの見方について小学生の頃と変化があったか考察しておく・形式的操作について復習する)
6.家族関係の特徴(自分の親子関係の変化について考察しておく・青年期の親子関係は悪化するのかについて復習する)
7.仲間関係の特徴(自分の友人関係の変化について考察しておく・近年の友人関係は希薄になったかについて復習する)
8.恋愛関係の特徴(自分の恋愛観について考察しておく・親密性について復習する)
9.セクシャリティの発達(男らしさ・女らしさとはなにかについて自分の意見をまとめておく)
10.アイデンティティと自己の発達(1)(自分とはなにか、について考察しておく・自己概念について復習する)
11.アイデンティティと自己の発達(2)(アイデンティティの確立が与える影響を復習する)
12.職業選択(自分の将来について考えておく)
13.青年期のメンタルヘルス(青年期特有の問題について復習する)
14.反社会的行動(反社会的行動とはなにかについて予習しておく)
15.まとめ

■履修上の注意

特になし/
授業中の私語は厳禁である。また、授業内で課す課題には自分と向き合うことになり、負担が大きいかもしれないが真摯に取り組んでもらいたい。

■授業方法

-

■評価方法

筆記試験70% 授業内での小レポート30%から総合的に評価する。

■授業テーマ

青年期の発達と変化について理解を深める 

■授業の到達目標/育成する能力

青年期とはどんな時期か、青年期の発達と変化について学び、自分についての理解を深める。また、青年期の中で直面するさまざまな問題を理解し、その対応方法について自分なりに心理学的に考えていく。

■教科書

なし

■参考書

必要に応じ、授業内で指示する。

■WEBページ

-

 
ページTOPへ