Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

産業心理学

担当者 三宅 美樹
学科 人関・心理
学年 2
開講期 前期
単位数 2 単位
開講日 前期 金曜日 1時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

個人にとっての職業,個人と組織,産業心理臨床について心理学的視点から接近し,これらを理解・考察する。また現代の社会的問題についても取り上げ,その発生要因や解決方法について考察する。

■授業計画

1.ガイダンス,個人にとっての職業①(ワーク・キャリア,ライフ・キャリア)
2.個人にとっての職業②(初期キャリアの発達)
3.個人にとっての職業③(中期キャリアの発達)
4.個人にとっての職業④(後期キャリアの発達)
5.働く女性のキャリアについて考える(事例を通して)
6.個人と組織①(組織の公式の構造,非公式の力動)
7.個人と組織②(組織コミットメント,ワーク・モチベーション)
8.個人と組織③(対人関係,対人葛藤)
9.個人と組織④(リーダーシップ)
10.VTR素材を用いた分析
11.産業心理臨床①(産業メンタルヘルスの現状)
12.産業心理臨床②(メンタルヘルス対策)
13.産業心理臨床③(ストレス理論)
14.産業心理臨床④(ストレス・マネジメント)
15.産業心理臨床⑤(働く人のメンタルヘルスを事例を通して考える),まとめ

■履修上の注意

受講中の私語,携帯電話(スマートフォン)の操作は厳禁とする。
働くことは,人生の多くの時間を占めるものです。そこで起こること,おもしろさ,困難な点について,考えていきましょう。

■授業方法

-

■評価方法

受講態度(30%),ミニレポート(30%),レポート試験(40%)による総合評価とする。

■授業テーマ

産業・組織心理学

■授業の到達目標/育成する能力

働くことをめぐる問題に対して,主体的に考える力を養うとともに,働く人への支援についての志向性を育てることを目的とする。

■教科書

加藤容子・小倉祥子・三宅美樹「わたしのキャリア・デザイン‐社会・組織・個人‐」ナカニシヤ出版

■参考書

白樫三四郎「産業・組織心理学への招待」有斐閣ブックス
山口裕幸・金井篤子「よくわかる産業・組織心理学」ミネルヴァ書房
二村英幸「個と組織を生かすキャリア発達の心理学」金子書房
CPI研究会「産業心理臨床入門」ナカニシヤ出版

■WEBページ

-

 
ページTOPへ