Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

犯罪心理学

担当者 加藤 文雄
学科 人関・心理
学年 2
開講期 後期
単位数 2 単位
開講日 後期 木曜日 4・5時限(隔週)

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

非行(犯罪)の概念のようなものから始めて、社会情勢の変化と非行(犯罪)との関係等を概観し、非行(犯罪)の態様に応じた加害者の心理面の特徴や行動傾向等についての検討へと進む。併行的に少年保護手続の概要についての知識を補充するとともに、適宜、家庭裁判所や地方裁判所の見学(刑事裁判の傍聴)等を実施して、少年保護制度等の特徴や運用状況も知る。

■授業計画

1.非行とは何か(非行と犯罪)
2.非行の変遷(社会情勢の変化と非行の変化)
3.非行観の変遷(古典的な非行観と近年の非行観)
4.いわゆる「伝統的非行」と「現代型非行」の比較
5.「伝統的非行」事例の検討
6.「現代型非行」の特徴 
7.オヤジ狩り等と援助交際(JKビジネス)の心理
8.暴力事例(家庭内暴力)の検討
9.薬物(覚醒剤等)犯罪の心理
10.性犯罪の心理
11.ストーカー犯罪の心理
12.少年保護手続の概要(矯正教育の内容を含む。)、刑事裁判手続との比較
13.刑事裁判の傍聴(学外授業)
14.放火犯罪の心理
15 殺人の心理と事例検討

■履修上の注意

私語は避けてほしい。受講生が多いため講師の話がかなり聞きづらくなる。

■授業方法

-

■評価方法

期末課題レポートを主たる評価対象とするが、ここに講義参加度をも加味する(いくらかの評価対象とする。)。期末レポートの課題は、講義で扱ったテーマの中からの2問と講義中では示さなかった新たな分析用事例1問の計3問である。受講生は、これらの中から1問を選択して期末課題レポートを作成する。

■授業テーマ

非行少年の心理を中心に犯罪心理の概要を理解し、これへの対応をも考える。

■授業の到達目標/育成する能力

少年の資質や環境的要因(家庭環境、学校環境、社会・文化的環境)などが複雑に絡んでいる。非行に至るメカニズムも一様ではない。これまでに学んできた発達心理学や親子関係論等の知識を活用し、非行(犯罪)心理の把握を試みる。いわゆるステレオタイプの評価的分析ではなく、加害者の心の動きと環境的要因との関係性にも思いを巡らせつつ、非行(犯罪)に至るメカニズムを推察する。そこから、これら少年への関わり方も考えていきたい。

■教科書

指定しない。講義で用いる教材は、毎回レジュメとして配布する。

■参考書

開講時に、手近な参考文献を複数紹介する。

■WEBページ

-

 
ページTOPへ