Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

成人心理学

担当者 井手原 千恵
学科 人関・心理
学年 2
開講期 後期
単位数 2 単位
開講日 後期 月曜日 3時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

全体を通し,成人期以後主に老年期に我々の心理的な機能がどのように変化するかを検討する。第1に,生涯発達の視点から最適な加齢とは何かについて検討する。第2に,中年期,老年期に特徴的な発達,健康,心理的機能の変化に関する一般的知識の獲得を目指す。第3に,認知症の事例を通して,人生における記憶や態度,世代間伝達のシステムについて講義する。

■授業計画

1.イントロダクション・すべての人が「老い」に向かって生きている
2.成人心理学の成立と展開
3.自己実現と最適な加齢という考え方
4.中年期,老年期の能力の発達と衰退
5.中年期,老年期のパーソナリティ発達
6.中年期,老年期の社会的発達
7.中年期,老年期の精神的健康の改善
8.高齢者における社会的ネットワークの重要性
9.繰り返される重要な他者との関係・体験の意味
10.Aさんのものがたり・自己の発達
11.死の準備教室
12.認知症とは
13.ライフレビュー
14.グループ回想法の実際
15.まとめ・「老い」がテーマになる時

■履修上の注意

成人心理学,初めて聞く言葉かも知れません。そんな講義でも受講してみたい,と思う好奇心のある学生さんの受講を期待します。基本的には講義形式で進める予定ですが,受講する学生さんの主体的な学びを尊重するので,希望があればグループワークやロールプレイなどを取り入れます。リアクションカードへは質問以外の感想など,講義の内容に関することであれば何でも記入してください。個人が特定されないようにまとめ,次回授業時に補足説明等します。関連科目に挙げた講義を既に受講していたり,基礎的な心理学について十分に理解されていると,より深く学べると思います。
講義中の私語など、講義の妨害と思われる行為は厳禁です。リアクションカードには,氏名と学生IDを必ず記入すること。

■授業方法

-

■評価方法

評価は100点満点とし,リアクションカード30%,テスト70%

■授業テーマ

生涯発達的視点から学ぶ,成人期以後主に老年期の心理的発達とキャリアプランニング

■授業の到達目標/育成する能力

成人期以後,老年期の発達について学び,家族や就労など人や社会との関わりの中で現れる発達課題について理解することができる。
今後の自分の人生について主体的に検討する態度を身につけ,学んだ知識を自らの体験に引きつけて理解することができる。

■教科書

指定しない

■参考書

適宜,講義中に紹介する。なお必要な資料はその都度配布する。

■WEBページ

-

 
ページTOPへ