Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

博物館経営論

担当者 高野 智
学科 人関・心理
学年 2
開講期 後期
単位数 2 単位
開講日 後期 木曜日 3時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

博物館の経営は文化の経営である。そのためには総合的な博物館経営が不可欠となる。本授業では博物館を巡る行財政、災害などの危機管理、博物館学芸員の使命や行動規範、そして地域社会での連携活動や研究機関や教育機関との交流の重要性などを学ぶ。また、授業で取り扱う内容について自分の考えをまとめて発言し、議論する時間を設ける。

■授業計画

1.博物館経営とは
2.博物館の財政
3.博物館の施設・設備
4.博物館の組織と人材
5.博物館の使命と経営計画
6.博物館の評価
7.博物館の倫理と行動規範
8.博物館の危機管理
9.博物館の広報と集客
10.博物館の情報発信メディア
11・12.学外実習
13.博物館と市民参画
14.地域社会との連携
15.博物館の経営形態と課題

■履修上の注意

できるだけ多くの博物館を訪れ、経営的な視点をもって見学してみてほしい。

■授業方法

-

■評価方法

授業への参加態度20%、発言20%、レポート60%

■授業テーマ

博物館の使命、財務、施設、評価など、博物館経営の様々な側面を学ぶ。

■授業の到達目標/育成する能力

博物館経営とは文化と教育サービスの経営であることがわかるだろう。博物館の経営には、館の使命に即した経営計画、財務、施設、組織、地域社会との連携など、博物館に関わる多くの要素を考慮に入れたマネージメントが必要であることを学ぶ。

■教科書

指定しない

■参考書

大堀哲、水嶋英治編「新博物館学教科書 博物館学Ⅲ 博物館情報・メディア論*博物館経営論」(学文社)
加藤有次・鷹野光行ほか編『新版博物館講座』(雄山閣出版)

■WEBページ

-

 
ページTOPへ