Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

博物館資料論

担当者 高野 智
学科 人関・心理
学年 2
開講期 後期
単位数 2 単位
開講日 後期 木曜日 4時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

博物館資料は、精神文化・物質文明に関わるもの、自然科学の対象となるものなど多岐にわたる。本授業ではこれら博物館資料の種類と性質、社会的位置づけ、文化財行政等について知り、博物館の役割を考える。そして、自然災害や人的加害から文化財・文化遺産を守り後世に伝えていく方法と技術の一端を学ぶ。また、授業で取り扱う内容について自分の考えをまとめて発言し、議論する時間を設ける。

■授業計画

1.博物館資料の意義
2.博物館資料の種類
3.博物館資料の収集
4.資料の分類、整理、保管
5.博物館資料の調査・研究(1) 方法・内容
6.博物館資料の調査・研究(2) 考古・民俗・美術・工芸資料
7.博物館資料の調査・研究(3) 自然史資料
8.博物館資料の調査・研究(4) 動植物園・野外博物館
9.博物館資料の調査・研究(5) 成果の公表・還元
10.文化財行政
11・12.学外実習
13.資料の危機管理
14.資料の展示・活用
15.博物館資料の今後と課題

■履修上の注意

できるだけ多くの博物館を訪れ、資料の見学だけではなく、その収集、保存、展示方法などに考えを巡らせてほしい。

■授業方法

-

■評価方法

授業への参加態度20%、発言20%、レポート60%

■授業テーマ

博物館資料の種類、収集方法、保管、研究、活用方法等について学ぶ。

■授業の到達目標/育成する能力

資料なくして博物館はない。資料は博物館の命であり、大きくは人類のアイデンティティの源泉でもある。資料の価値を理解し保存し、そして公開・活用する。博物館資料をとりまく環境は厳しい。博物館資料をあつかう学芸員の役割と責任を理解する。

■教科書

指定しない

■参考書

大堀哲、水嶋英治編「新博物館学教科書 博物館学Ⅰ 博物館概論*博物館資料論」(学文社)
加藤有次・鷹野光行ほか編『新版博物館講座』(雄山閣出版)

■WEBページ

-

 
ページTOPへ