Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

博物館資料保存論

担当者 渡邉 晶
学科 人関・心理
学年 2
開講期 後期
単位数 2 単位
開講日 後期 水曜日 2時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

この地球上における長い歴史の中で、自然とヒトが生み出したモノにはどういう種類があるのか。その中から現代まで遺され、未来に保存しようとする遺産には、どういう評価(価値判断)がなされたのか。世界的な基準である「世界遺産」登録基準、日本の法的根拠である文化財保護法などをもとに、具体的事例を交えて理解を促進する。遺産として保存するためには、どういう方法があるのか。特に、保存のための中心的機能を有する博物館の専門職員には、どういう能力が求められ、それを身につけるにはどうすればいいのか、学生自身が深く考え、理解できるように構成する。

■授業計画

1.自然とヒトの生み出した遺産と博物館の役割
2.文化遺産と調査研究[事例1]
3.モノから博物館資料へ(収集)
4.資料収集方針作成と調査研究[事例2]
5.博物館における資料化のプロセス(分類・整理・登録)
6.資料鑑定能力と調査研究[事例3]
7.博物館資料の保存と管理
8.資料保存と調査研究[事例4]
9.博物館資料の保存と修復
10.日本における保存修復[事例5]
11.博物館資料の保存と製作
12.資料調査と情報化[事例6]
13.博物館資料の保存と研究
14.博物館資料の保存と活用
15.博物館と学芸員の倫理

■履修上の注意

毎回配布する資料を携行の上、授業に臨むこと。各回において、関連する内容を、それまでに配布した資料で再確認する場合が多い。
博物館の専門職員(学芸員)として職を得ることは、現在の社会では厳しい状況が続いている。しかし、自然とヒトの残した遺産を、保存、活用するための知識は、今後の社会生活を豊かにする上で大きな糧となるはずである。希望と強い意欲をもって受講していただきたい。

■授業方法

-

■評価方法

短文レポート(各回)60パーセント、期末レポート40パーセント。これらのレポートによって、授業内容の理解度を判断、評価する。

■授業テーマ

自然とヒトの生み出した遺産とその保存

■授業の到達目標/育成する能力

自然とヒトが生み出した多様かつ無数のモノの中から、人類の遺産として何を後世に残すのか。その価値判断の能力をいかに身につけ、価値あるものをどういう方法で保存するのか、この授業により、博物館専門職員(学芸員)としての基本的な資質の内容(価値判断能力育成法、資料保存法など)を理解することができる。

■教科書

なし

■参考書

加藤雄次他編『博物館資料論/新版 博物館学講座』第5巻 雄山閣出版、2009

■WEBページ

-

 
ページTOPへ