Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

博物館展示論

担当者 渡邉 晶
学科 人関・心理
学年 2
開講期 後期
単位数 2 単位
開講日 後期 水曜日 3時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

博物館には、収集・保存といった「基礎機能」、資料の価値を引き出す「研究機能」、その価値を広く発信する「活用機能」、という三つの主要な機能がある。これらは相互に密接な関連があり、博物館専門職員は、それらの機能を具体化する能力をバランスよく身につけなければならない。特に、社会との接点となる「活用機能」の中心が、展示である。近年、さまざまな情報機器が開発され、新博物館や一定年数を経過した博物館のリニューアルなどに導入されている。これは「流行」である。一方、展示には時代の流れに左右されない「不易」がある。この両者を適切に配分して授業を構成する。

■授業計画

1.博物館の機能と展示
2.モノを対象とした調査研究の成果と展示[事例1]
3.何を展示するのか(テーマの設定)
4.調査研究の成果と展示テーマ[事例2]
5.どう見せるのか(展示媒体の選択)
6.調査研究の成果と展示媒体[事例3]
7.展示の準備と組織(館内外の組織、個人)
8.調査研究の成果と展示プロジェクト[事例4]
9.展示解説の諸形態と製作プロセス
10.調査研究の成果と展示解説[事例5]
11.展示解説情報機器の過去・現在・未来
12.その展示は成功したのか(評価と改善)[事例6]
13.社会と博物館展示(社会の変化と博物館論の歴史)
14.展示と保存(現代社会における「保存と活用」)
15.博物館と学芸員の能力・資質

■履修上の注意

それまでに配布した授業資料を携行して、授業に臨むこと。過去に説明した内容と関連させて、再確認した上で授業をすすめる場合が多い。/
ヒトが残してきた文化遺産を保存する組織における最前線での仕事と、その後、文化遺産を収集、保存、活用する博物館での勤務、合計30数年の経験を、これから博物館専門職員(学芸員)をめざす若い世代に伝えることが、担当教員の使命と考えている。強い意欲と関心をもって、授業に臨んでいただきたい。

■授業方法

-

■評価方法

短文レポート(各回)60%、期末レポート40%。レポートによって、授業内容の理解度、博物館学芸員への意欲を、判断、評価することができる。

■授業テーマ

保存した遺産の価値を社会に発信する手段としての博物館展示

■授業の到達目標/育成する能力

保存した遺産の価値をどう引き出すのか。そこには、専門研究者としての高い能力が必要である。価値を明確にした後、それを研究者ではない一般の人々に、どう伝えるのか。この講義を受けることにより、博物館専門職員(学芸員)の多面的で高い能力の内容(資料分析法、情報抽出・加工法、展示を中心とした情報発信法など)を理解することができる。

■教科書

なし

■参考書

加藤雄次他編『博物館展示法/新版 博物館学講座』第9巻、雄山閣出版、2000

■WEBページ

-

 
ページTOPへ