Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

社会調査実習II

担当者 株本 千鶴
学科 人関・心理
学年 3
開講期 後期
単位数 1 単位
開講日 後期 火曜日 1時限 後期 水曜日 5時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

本年度の調査テーマはケアの体験であり、介護・看護等のケア実践の当事者から体験の語りを聞き取り、その結果を分析する。インタビュー調査を中心とした質的調査を実施し、その結果分析をもとに報告書作成を行う。後期の授業では、夏季休暇中に実施した調査結果を持ち寄り、演習形式でその内容について考察と討論を通じて分析作業をおこなう。最終的に、報告書作成に向けて調査結果を整理し、原稿を作成する。

■授業計画

1.ガイダンス
2.調査データの整理
3.調査データの整理
4.調査データの整理
5.調査結果の考察と討論(必要ならば補足調査)
6.調査結果の考察と討論(必要ならば補足調査)
7.調査結果の考察と討論(必要ならば補足調査)
8.調査結果の考察と討論(必要ならば補足調査)
9.調査結果の考察と討論(必要ならば補足調査)
10.調査結果の考察と討論(必要ならば補足調査)
11.調査結果の整理
12.調査結果の整理
13.報告書作成
14.報告書作成
15.報告書作成

■履修上の注意

履修生は社会調査士資格認定科目A、B、Cを履修済みないし履修中であること。
社会調査実習Ⅰを履修済みであること。/
自主的、積極的、自発的に授業に臨んでください。

■授業方法

-

■評価方法

平常点(課題の実施、授業中の議論への参加等)50%、報告書作成50%

■授業テーマ

社会調査の結果分析、報告書作成

■授業の到達目標/育成する能力

質的調査の分析から報告書作成までのプロセスを具体的に体験しながら学び、フィールドワークやインタビュー調査の技法を習得することを目的とする。

■教科書

谷富夫・芦田徹郎編(2009)『よくわかる質的社会調査技法編』ミネルヴァ書房

■参考書

授業の中で紹介する。

■WEBページ

-

 
ページTOPへ