Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

心理統計I

担当者 増井 透
学科 心理
学年 2
開講期 前期
単位数 2 単位
開講日 前期 水曜日 2時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

実証科学としての心理学では数値データをあつかう機会が多い。こころの問題になぜ統計が必要なのか、数値でこころが表せるのかといった疑問や、数学に関する不安は大きいと思うが、文系の学生であることを前提に、できるだけ数式を使わずに、心理学における数量化と統計的考え方の必要性の理解をめざす。
心理学ではこころに関するさまざまな現象や側面を測定し、数量的に処理することが多い。現象を記述し分析し理解するために心理学で用いられる統計(おもに記述統計)の意味について講義する。また実際に調査法を経験して、具体的な項目作成やデータ処理、尺度構成についての理解を試みる。

■授業計画

1.統計的思考の重要性
2.数値には意味がある:尺度水準の話
3.データを記述する:数値で、図表で
4.データの代表を選ぶ:平均、中央値、最頻値
5.データの散らばりを測る(1):分散
6.データの散らばりを測る(2):標準偏差
7.関係を測る:相関(1):間隔尺度の相関係数
8.関係を測る:相関(2):順序尺度の相関係数
9.関係を測る:相関(3):名義尺度の相関係数
10.分布中の位置を知る:標準化の意味
11.偏差値の正体
12.母集団と標本の不思議な関係
13.統計の天国と地獄
14.データ処理を体験する(1):尺度構成
15.データ処理を体験する(2):多変量解析入門

■履修上の注意

内容が積み重ね式に進行するので、毎回の復習が重要になる。電卓あるいはExcelあるいはウェブでのデータ処理も随時体験しておくとよい。研究上の調査等の依頼がある場合は積極的な協力を求める。/
統計リテラシーを理解できればデータの見方が違ってきます。具体的データをもとに、実際に統計処理を行う機会があるので、データ分析の成功体験を味わって下さい。そして「最強」の学問といわれる統計学を楽しんで下さい。文系学生にとってはトラウマかもしれない数式に関しては心配無用。

■授業方法

-

■評価方法

定期試験を行う(60%)。授業内で随時行う課題や調査などへの協力態度(40%)を加味する。

■授業テーマ

心理学で必要となるデータ処理方法およびデータの理解についての基礎的学習となる記述統計のメソッドを学ぶ。

■授業の到達目標/育成する能力

【知識・理解】【技能・表現】実証科学としての心理学を理解するには統計は不可欠である。この授業では心理学に即した基礎的な統計リテラシーの習得と記述統計の理解を通して、基礎的なデータ処理方法を身につけ、その適切な記述と理解が出来ることをめざす。

■教科書

山内光哉『心理・教育のための統計法』(サイエンス社)

■参考書

田中敏・山際勇一郎『ユーザーのための教育・心理統計と実験計画法』(教育出版)
桜井広幸・神宮英夫『使える統計 Excelで学ぶ実践心理統計』(ナカニシヤ出版)

■WEBページ

-

 
ページTOPへ