Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

心理学実験

担当者 増井 透西出 弓枝舛田 亮太山口 雅史高岡 しの・應治 麻美・大庭 丈幸・田中 絵実
学科 心理
学年 2
開講期 通年
単位数 2 単位
開講日 通年木曜日 3時限 通年木曜日 4時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

前期は少人数に分かれてクラスごとに2週に1つのテーマが与えられ、実験法、調査法、観察法、検査法の重要基礎課題を行うことで研究法を体験的に学び、また科学的レポートを書く訓練を行う。後期は数人ずつのチームで自主的に研究テーマを選び、研究計画の策定から研究の実施、データの分析、成果発表に至る一連の心理学研究の流れを体験する。
担当者代表:増井、他7名

■授業計画

前期は幾何学的錯視、鏡映描写、性格検査、知能検査、印象形成実験など、実験法、検査法、調査法に関する基礎的課題を順に実施する。後期は少人数の班に分かれて自主的に研究計画を立案、実施し、研究成果を発表する形式となる。通年科目であることに注意。年間を通して、レポートの書き方や実際に提出されたレポートを講評する時間を設けるほか、特別課題の時間やTΑによる個別相談の機会も設定し、心理学研究の基礎的スキルを身につける。
【前期】
1.ガイダンス
2.3.課題1
4.5.課題2
6.レポート講評
7.8.課題3
9.10.課題4
11.特別課題
12.13.課題5
14.15.課題6
【後期】
16.17.特別課題
18.相談日
19.ガイダンス
20.21.22.計画立案
23.24.25.研究実施
25.26.データ分析
27.28.発表準備
29.30.課題発表

■履修上の注意

通年の授業であることに注意。単位を落とすとすべての課題が再履修となる。スケジュールや使用する実験室に変更がある場合があるのでS*mapをよく見ておくこと。課題により実験室(教室)が変わるので日程表をよく見ること。前期は原則として3、4時間目連続のスケジュールだが、課題や進行によっては延長の可能性もあるので注意すること。/
心理学の研究方法の基礎を学び研究スキルを身につけるための重要な科目である。主体的・積極的にかかわって、研究することの楽しさを大いに体験してほしい。

■授業方法

-

■評価方法

実習形式なので毎回の参加が義務づけられている。出席、参加態度、および課題ごとのレポートで総合的に評価する。

■授業テーマ

実験法、調査法、検査法、観察法による基礎的研究法の修得と科学的レポート作成の学習。および、研究計画策定から実施、データ処理、成果発表までのチームワークによる心理学研究。

■授業の到達目標/育成する能力

【思考・判断】【技能・表現】心理学では心や行動にどのようにアプローチし、それをどのように測定するかについて、基礎的な方法論を理解し身につけることができる。自ら研究テーマを選び、具体的に研究計画を立てて実施、データを分析、研究成果を発表することで、人間の心や行動を理解しようとする科学的な姿勢を持つことができる。

■教科書

ガイダンスで配布する「心理学実験マニュアル」を使用する。

■参考書

「心理学実験マニュアル」に記載された課題ごとの参考文献。図書館だけでなく、心理学共同研究室にも参考資料が用意してある。

■WEBページ

-

 
ページTOPへ