Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

発達心理学II

担当者 中西 由里
学科 心理
学年 2
開講期 前期
単位数 2 単位
開講日 前期 水曜日 3時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

主に幼児期から児童期の子どもの定型発達と発達に影響を与える要因について、また現代の子どもをめぐる心理学的諸問題について講義する。

■授業計画

1.幼児期の子どもの世界-概観
2.発達を説明する理論 幼児期の子どもの思考の特徴
ピアジェの理論 ①子どものものの考え方 乳児期の世界
3.ピアジェの理論 ②幼児期の子どもの思考の特徴
4.ピアジェの理論 ③児童期以降の特徴
5.ピアジェ以外の理論 幼児期の子どもの発達
6.規則の理解の発達/善悪の判断
7.道徳性の発達
8.「心の理論」について
9.子どもの社会的な発達-仲間関係と遊びの発達
10.児童期の子どもの世界-小学生の身体的発達・運動発達
11.子どもの人間関係・仲間関係-いじめの問題
12.世界のいじめの問題①
13.世界のいじめの問題②
14.子どものいじめに関する研究の紹介
15.児童期の子ども-何を伸ばすのか     

■履修上の注意

なるべく「発達心理学Ⅰ」、「発達心理学Ⅱ」の順に履修して下さい。
授業中の私語は慎んで下さい。
この講義は平成29年度で閉講となる科目です。受講希望者は今年度中に必ず履修すること。

■授業方法

-

■評価方法

筆記試験(90%)と授業時に提出を求めるミニレポート(10%)で評価する。

■授業テーマ

発達心理学(幼児期・児童期の子どもの発達)

■授業の到達目標/育成する能力

「発達心理学Ⅰ」を踏まえ、主に幼児期、児童期の子どもの定型発達や発達をめぐる諸問題について理解を深めることを目的とする。
さらに、幼児期・児童期の子どもの特性を理解し、子どもに関わるスキルの基礎を身につけ、将来、次世代を育むことにつながる力の形成を目指す。

■教科書

宮川・大野・大野木 編著『子どもの発達と学校』(ナカニシヤ出版)
発達心理学Ⅰと同じテキストである。

■参考書

授業中に適宜紹介する。

■WEBページ

-

 
ページTOPへ