Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

心理検査法

担当者 安立 奈歩
学科 心理
学年 3
開講期 後期
単位数 2 単位
開講日 後期 月曜日 2時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

心理アセスメントとは何かを概説し、観察法、面接法、質問紙法、投影法、発達検査について実習を交えながら学ぶ。質問紙法、投影法では、各々の心理検査の特性を知った上で、その限界についても考えたい。なお集団で実施可能な検査法については実施法や採点法を実習するが、手順の複雑な検査(ロールシャッハ法など)については、この授業では概論のみで実習はしないことに留意されたい。

■授業計画

1.オリエンテーション
2.心理アセスメント概論①:心理アセスメントと心理診断の相違
3.心理アセスメント概論②:アセスメント技法の種類と心理検査,検査導入の留意点,テストバッテリー
4.面接法とアセスメント①:面接法概論,心理療法における面接,倫理
5.面接法とアセスメント②:半構造化面接,研究法との接点
6.質問紙法とアセスメント①:質問紙法概論,所見の書き方,VPI職業興味検査の実施と概説
7.質問紙法とアセスメント②:質問紙作成の手順,改訂FFPQの実施と概説
8.質問紙法とアセスメント③:信頼性・妥当性の概説,MMPIの実施(素点算出まで)
9.質問紙法とアセスメント④:MMPIの概説と解釈(プロフィール作成以降),気分・不安に関する質問紙の概説
10.投影法とアセスメント①:投影法概論,SCTの実施と概説
11.投影法とアセスメント②:バウムテストの実施と概説
12.投影法とアセスメント③:LMTの実施と概説
13.観察法とアセスメント:観察法概論,発達アセスメント概説(新版K式発達検査,遠城寺式乳幼児分析的発達検査法の紹介)
14.その他の心理検査の概説と紹介・心理療法における心理検査の用い方の実例
15.まとめ:心理アセスメントに関する総括・心理検査の効用と限界

■履修上の注意

大人数講義ですが、ディスカッション等も取り入れて実践的に授業内容を習得できる内容ですので、主体的に取り組んでください。

■授業方法

-

■評価方法

受講態度、授業内で提出する「ミニレポート」および「実習レポート」の内容、「学期末レポート」の内容から、総合的に評価する。

■授業テーマ

心理アセスメントの理論と実際

■授業の到達目標/育成する能力

心理アセスメントの諸理論と、それらが研究や心理臨床現場でどのように活用されているかを学ぶことで、自分や他者について、より深く知る手立てを習得する。また、研究と実践の接点を学ぶことで、知識を体系的に用いて主体的に「思考・判断」する能力を育成する。簡易なアセスメントであれば所見をまとめることができる程度の「技能・表現」能力を養い、さらには、卒業論文の足がかりにもしていく。

■教科書

指定しない。

■参考書

授業内で適宜紹介する。

■WEBページ

-

 
ページTOPへ