Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

心理療法II

担当者 舛田 亮太
学科 心理
学年 3
開講期 後期
単位数 2 単位
開講日 後期 木曜日 2時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

心理的課題の解決を援助する心理療法について、また、予防的、心理教育としてのカウンセリングについての実際問題の理解を目指す。「聞く」ことと「心の変化」について、生活や職場での予防的側面について知識獲得とともに体験的理解を促す。臨床心理の知見に基づいた心の理解の発展的内容を含み、現代社会の心の問題について心理療法の観点から考える。

■授業計画

1.導入 授業の進め方   カウンセリング・心理療法の位置づけ
2.心理療法の歴史、 心理療法の基本姿勢(ラポール 面接構造 守秘義務)
3.精神分析的アプローチ フロイト
4.精神分析的アプローチ クライン
5.精神分析的アプローチ ウィニコット
6.行動療法
7.認知療法
8.認知行動療法
9.心理教育 
10.クライエント中心療法 1
11.クライエント中心療法 2
12.フォーカシング
13.芸術療法
14.家族療法
15.まとめとレポートのフィードバック

■履修上の注意

目的意識を持ち、積極的に講義に参加することを求めます。

■授業方法

-

■評価方法

授業後の感想、ワークシート等提出物(30%) レポート(70%)

■授業テーマ

主に青年期・成人期・老年期を対象とした心理療法を学ぶ。

■授業の到達目標/育成する能力

青年期・成人期・老年期を対象とした様々な心理療法について、基本的な知識・理解を得ることができる。

■教科書

カラー版 徹底図解 臨床心理学 ―フロイトの理論から現代の臨床事例まで 青木 紀久代 新星出版社

■参考書

授業時に適宜指示する。

■WEBページ

-

 
ページTOPへ