Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

相談援助演習II

担当者 種橋 征子
学科 人関
学年 2
開講期 後期
単位数 1 単位
開講日 後期 木曜日 2時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

学生による実践モデル・アプローチのプレゼンテーションと事例検討

■授業計画

1.オリエンテーション
2.援助実践における価値と倫理
3.ストレングスモデルの理解
4.ストレングスモデルの活用
5.クライエント中心アプローチの理解と活用
6.心理・社会的アプローチの理解と活用(1)
7.心理・社会的アプローチの理解と活用(2)
8.問題解決アプローチの理解と活用(1)
9.問題解決アプローチの理解と活用(2)
10.課題中心アプローチの理解と活用(1)
11.課題中心アプローチの理解と活用(2)
12.危機介入アプローチの理解と活用(1)
13.危機介入アプローチの理解と活用(2)
14.行動変容アプローチの理解と活用(1)
15.行動変容アプローチの理解と活用(2)

■履修上の注意

グループワークを中心にして授業を進めますので、遅刻や欠席をしないようにしてください。やむを得ない場合は、自分で連絡をすること。/学生同士で協力して授業を進めます。積極的にグループ活動に参加して、互いに学びを深めましょう。

■授業方法

-

■評価方法

授業やグループワークの参加態度(グループ活動への貢献度・プレゼンテーション内容を含む)80%  期末レポート20%

■授業テーマ

ソーシャルワークの実践モデルと実践アプローチの活用

■授業の到達目標/育成する能力

1.実践モデル・アプローチを理解し、活用できる能力を養う 2.実践モデル・アプローチに関するプレゼンテーション能力を養う 3.実践モデル・アプローチの活用を通して多面的な利用者理解の視点を涵養する

■教科書

指定しない

■参考書

授業中に紹介する

■WEBページ

-

 
ページTOPへ