Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

相談援助演習III

担当者 種橋 征子
学科 人関
学年 3
開講期 前期
単位数 1 単位
開講日 前期 木曜日 3時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

学生による実践モデルのプレゼンテーションと、その実践モデル、アプローチを用いてグループで事例を検討することによって、実践モデル、アプローチの理解を深める。
事例に基づいて援助計画を作成したり、援助場面のジレンマについて最善策を検討するなど、実習に向けてより実践的な力を身につける。

■授業計画

1.家族システムアプローチの理解と活用1
2.家族システムアプローチの理解と活用2
3.エンパワメントアプローチの理解と活用1
4.エンパワメントアプローチの理解と活用2
5.ナラティブアプローチの理解と活用1
6.ナラティブアプローチの理解と活用2
7.援助計画作成 アセスメント1
8.援助計画作成 アセスメント2
9.援助計画作成 プランニング1
10.援助計画作成 プランニング2
11.援助計画作成 モニタリング
12.コミュニケーションの課題
13.実習におけるジレンマ事例1
14.実習におけるジレンマ事例2
15.まとめ

■履修上の注意

グループ発表を行いますので、積極的に準備に協力すること。また、できるだけ欠席、遅刻をしないようにすること。やむを得ず遅刻、欠席をする場合は教員に自分で連絡すること。/みなさんで協力してプレゼンテーションを行い、学びを深めていきましょう。

■授業方法

-

■評価方法

①授業への参加状況や態度及び、授業中に記入するワークシート等の内容(70%) ②期末レポート(30%)

■授業テーマ

ソーシャルワークの実践モデルの活用と援助計画の作成

■授業の到達目標/育成する能力

1.ソーシャルワーカーが用いる様々な理論・アプローチの理解を深める 2.生活問題を抱える人々に対し、具体的な援助方法をプランニングする力を養う
3.場面に応じた対応、コミュニケーション能力を身につける

■教科書

指定しない。 授業時にプリントを配布する。

■参考書

授業中に紹介する。

■WEBページ

-

 
ページTOPへ