Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

相談援助演習IV

担当者 種橋 征子
学科 人関
学年 3
開講期 後期
単位数 1 単位
開講日 後期 木曜日 4時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

ソーシャルワーカーが関わる様々な領域における社会問題の事例や新聞記事を用いて、問題の背景や課題を考察し、援助方法をグループで検討する

■授業計画

1.オリエンテーション
2.社会問題事例(DV)
3.社会問題事例(就労支援)
4.社会問題事例(児童虐待)
5.社会問題事例(高齢者虐待)
6.社会問題事例(施設における虐待)
7.社会問題事例(生活困窮)
8.社会問題啓発活動
9.社会問題事例(アルコール依存)
10.実習で学んだ援助関係、社会問題
11.社会問題事例(ごみ屋敷)
12.社会問題事例(孤独死)
13.社会問題事例(地域での取り組み)
14.社会問題事例(地域での取り組み)
15.まとめ

■履修上の注意

グループワークを中心に進めていくため、欠席、遅刻をしないようにすること。やむを得ず、遅刻、欠席をする場合は、自分で教員に連絡をすること。/社会で起こっている様々な問題について自分たちの問題として一緒に考えていきましょう。

■授業方法

-

■評価方法

1.授業への参加状況や態度及び、ワークシートの記述内容(80%) 2.期末レポート(20%)

■授業テーマ

社会問題、クライエントの抱える生活課題についての理解と援助方法を検討する

■授業の到達目標/育成する能力

1.クライエントやクライエントを取り巻く環境を理解する視点を習得する2.社会問題に対する制度等の現状や課題を考察する能力を養う 3.生活課題を抱えるクライエントの援助方法について検討する能力を養う

■教科書

指定しない 授業時にプリントを配布する

■参考書

授業中に紹介する

■WEBページ

-

 
ページTOPへ