Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

相談援助実習指導III

担当者 手嶋 雅史
学科 人関
学年 3
開講期 後期
単位数 1 単位
開講日 後期 水曜日 3時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

前半:1.事前学習として、現場体験学習及び見学実習等を通じ、実際に実習を行う実習分野と施設・事業者・機関・団体・地域社会等について、相談援助にかかる知識と技術について、基本的な理解があることを確認する。2.個別指導・集団指導を通じ、実習先で必要とされる援助にかかる実践的な技術等について、個人のプライバシーの保護等、社会福祉士として求められる資質等について体得する。
後半:事後学習として、実習記録や実習体験を踏まえて課題を整理し、実習報告書の作成、実習報告会を通じ、具体的な体験や援助活動を専門的援助技術として概念化し、理論化し、体系立てていく能力を涵養する。

■授業計画

1.実践的な技術等の体得Ⅰ:事例分析の方法
2.実践的な技術等の体得Ⅱ:事例分析およびグループ・スーパービジョン
3.実践的な技術等の体得Ⅲ:記録の活用および情報通信技術の活用
4.課題の整理Ⅰ:利用者理解とその需要の把握及び支援計画
5.課題の整理Ⅱ:利用者やその関係者との援助関係の形成
6.課題の整理Ⅲ:権利擁護及び支援
7.課題の整理Ⅳ:社会福祉士の役割と責任
8.課題の整理Ⅴ:地域社会への理解
9.実習報告書の作成Ⅰ
10.実習報告書の作成Ⅱ
11.課題の整理Ⅵ:実習報告会の準備
12.課題の整理Ⅶ:実習報告会の準備
13.課題の整理Ⅷ:実習報告会の準備
14.実習報告会
15.まとめ

■履修上の注意

実習報告会を履修後行う。社会福祉士受験資格科目の実習にかかわる授業であることから欠席は公欠を除き認めない。/
実習はこの振り返りをしっかり行うことで終わるのです。

■授業方法

-

■評価方法

授業態度(30%)、課題の提出及びその内容(70%)によって評価する。

■授業テーマ

社会福祉援助技術の実践的習得

■授業の到達目標/育成する能力

前半:1.現場実習への動機を形成し、援助の基本的な知識と技術について理解する。2.現場実習に対する自己の課題を明確に把握し、実習計画を作成する。
後半:社会福祉士として求められる専門的援助技術を習得する。

■教科書

『相談援助実習』の手引き

■参考書

なし

■WEBページ

-

 
ページTOPへ