Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 

日本語IV(intermediate)

担当者 三谷 閑子
学科
学年 1
開講期 後期
単位数 1 単位
開講日 後期 金曜日 2時限

※教員紹介へのリンクがない担当者は非常勤講師もしくは、他学部兼担教員です。

■授業内容

(1)基本的な文法を復習し、様々な場面に関する語彙を学習する。
(2)様々な場面の聞き取りタスクを行う。
(3)毎回語彙小テストを行い、定着を助ける。

■授業計画

1.基本的な文型・文法事項の復習(聞き取り・発音練習を含む)[1]  時を表すことば、~ば
2.基本的な文型・文法事項の復習[2]  可能形、~ておく/てみる
3.基本的な文型・文法事項の復習[3]  なる/する、比較
4.基本的な文型・文法事項の復習[4]  連体修飾節
5.基本的な文型・文法事項の復習[5]  受身文
6.基本的な文型・文法事項の復習[6]  授受表現(~てあげる、~てもらう、~てくれる)
7.基本的な文型・文法事項の復習[7]  ~らしい、~ようだ
8.基本的な文型・文法事項の復習[8]  使役文
9.基本的な文型・文法事項の復習[9]  命令文、引用文
10.バスの車内放送を聞く
11.電話で時間を問い合わせる場面の会話を聞く
12.授業時間と教室の変更についてのクラスメイトの会話を聞く
13.デパートの呼び出し放送を聞く
14.復習タスク
15.フィードバック

■履修上の注意

授業中は、クラスメートと話をするときもなるべく日本語を使うようにしましょう。/
初級文法を復習しながら聴解の力もつけていきます。短い会話やストーリーを何度も聞きましょう。

■授業方法

-

■評価方法

テスト、クイズ、宿題、授業中の態度等を総合的に評価する。
(中間テスト20%、期末テスト20%、クイズ10%、宿題30%、授業態度20%)

■授業テーマ

日本語 聴解(1)

■授業の到達目標/育成する能力

この授業では発音を正確に聞き取り、談話の内容を正確に把握する能力を養うことを目的とする。基本的な文型・文法を復習しながら、様々な場面・話題に関連する語彙や表現などを学習することにより聞き取り技術の向上を図る。

■教科書

名古屋大学総合言語センター日本語教育グループ (1989) 『A Course in Modern Japanese Vol.1, 2 』 名古屋大学出版会
名古屋大学言語文化部(1992) 『現代日本語コース中級Ⅰ』 名古屋大学出版会
名古屋大学言語文化部(1992) 『現代日本語コース中級Ⅰ 聴解ワークシート』 名古屋大学出版会"

■参考書

なし。

■WEBページ

-

 
ページTOPへ