Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 
学部案内[心理学科]
学部案内[心理学科]

こころの不思議に挑み、多彩な心理学を社会に生かす。

消費者の価値観や嗜好が多様化する現在、企業は消費者の隠れたニーズを汲み取るため、製品開発やブランディングに心理的アプローチを取り入れています。現在、こうした試みは、まちづくりや環境政策など広範囲な領域で行われています。また、医療や福祉、教育の各分野では、人の心や行動に対する理解をさらに推し進めています。心理学科は、こうした社会のニーズに応え、多様な心理学の知見を社会に生かすことのできる人材の育成をめざしています。そのため心理学科の学生は、臨床、発達、行動などの幅広い心理学領域を総合的に学びます。その上で自らの関心や将来像に応じて選択したフィールドで、心理学を応用した場面を数多く体験し、応用力・実践力を養成していきます。

学びの特色

■心理学の幅広い知識と専門性
心理学の社会への応用を前提に、多彩な心理学の領域を横断的に学び、幅広い心理学の基礎を身に付けるとともに、自らの関心や将来像に基づいて専門領域を学ぶ。
■ケースメソッドや演習による体験的な学び
ケースメソッド教育を導入し、多様なケース(心理学的事象や事例)を数多く体験し、討議し、解決の方法を導き出すことで、あらゆる状況に柔軟に対応できる人間関係力を育成する。
■卒業後は人と関わる多様な分野で活躍
心理学と人間関係学を同時に学ぶことで、心理学の知識や人間への深い洞察力、共感力により、「公認心理師」や「臨床心理士」などの専門家はもちろん、人間に関わるあらゆる分野で大学の学びを生かして活躍できる。

学びのながれ

■広い視点から心理学を学び、社会に生かす力を身に付ける
写真:学びのながれ

多彩な心理学の領域を横断的に学び、幅広い心理学の基礎を身に付けるとともに、自らの関心に基づいて専門領域での学びを深めていきます。さらに、ケースメソッドなど体験的な学びを通して、どんな状況にも柔軟に対応し、課題を解決しうる実践力を養成。心理学が活用されるべき業界・領域が広がり続ける中で、臨床だけではなく、教育や福祉、企業の開発部門など、活躍の場は広がっています。

 
めざす資格・めざす進路一覧

目指す資格

取得可能な受験資格
●公認心理師(1学年あたり25名まで、大学院修了もしくは実務経験2年以上が必要)

取得可能な資格
●認定心理士(申請資格)
●認定心理士(心理調査)(申請資格)
●中学校教諭一種免許状(社会)
●高等学校教諭一種免許状(公民)
●司書
●学校図書館司書教諭
●学芸員
●社会調査士
●児童福祉司(実務1年・任用資格)
●児童指導員(任用資格)

取得を応援する資格
●臨床心理士(大学院修了後)
●臨床発達心理士(大学院修了後)
●学校心理士(補)(大学院修了後)

目指す進路

●医療・福祉
[児童福祉司]
●教育・行政・コミュニティ
[国家公務員(心理職)]
[地方公務員(心理職)]
[NPO・NGO職員]
[中学校教諭(社会)]
[高等学校教諭(公民)]
●産業・ビジネス
[企業の開発・マーケティング部門]
[企業の人事・労務・教育部門]
●金融・販売・サービス
[銀行] [保険会社] [証券会社]
[営業職] [販売職] [サービス職]
●大学院進学 など

 

カリキュラム

カリキュラムについては以下リンクをご覧下さい。

カリキュラム表 (pdf形式で表示されます)

発展科目

社会に広く求められる、心理学応用の力を身に付ける

心理学は、社会のさまざまな場面でその知識を生かせる科学です。心理学科では、人間と人間関係の諸問題を心理学の視点から理解し、共感するための知識や技術の修得をめざします。人間関係の基礎、心理についての基礎を段階的に学んだ上で、興味や関心に合わせて専門性を深める発展科目から、学びの深度を深めていきます。

心理臨床と医療

人々の精神的健康について多角的に学び、社会に貢献

写真:心理臨床と医療

こころに困難を抱える子どもたち、ストレス社会に生きる大人たち…。誰もが少なからず心理的負担を背負う現代社会において、人々の精神的健康について考える臨床心理学は有効な学びです。「心理臨床と医療」領域では実践的な授業を幅広く用意。こころのケア、家庭や生き方の問題についての多角的な知識は、公認心理師・臨床心理士をめざす学生にも有益です。

 
子どもと子育て

子どもたちの人間関係を観察し、これからの子育てのあり方を考える

写真:子どもと子育て

グループワークや幼稚園実習を通して、子どもや子育てへの理解を深め、子どもの発達について学びます。子どもたちの年齢に応じた人間関係を観察する中で、浮かび上がる疑問についてグループに分かれ考察し、意見をまとめ発表します。子どもの人間関係が多様化する中で、その課題と可能性について考え、これからの子育てのあり方を見つめ直します。

 
対人関係と社会

企業のさまざまな部門で活用できる多様な心理学を学ぶ

写真:対人関係と社会

身体とこころの関係から文化と環境の問題まで、幅広く学べる科目を充実させています。行動心理学や対人関係の心理学など、人間関係力の向上に役立つ学びのほか、比較文化論、マスメディア論、コミュニケーション論など、心理学と深く関連する学びを深めることで、企業や社会で広く求められる心理学の活用法を探ります。

 

ケースメソッド

実習・体験を通して心理学の応用力を身に付ける

人間関係学部では、60種類近くのケースメソッドを開講。児童養護施設などでの施設実習をはじめ、心理テストやカウンセリングの体験など、実践や実習、体験を重視したテーマに少人数のグループで取り組みながら、心理学に関する洞察を深めていきます。人間関係学部2学科の学生がともに受講することができるケースメソッドも用意されています。

非言語的な治療技法の体験実習
写真:ケースメソッド・非言語的な治療技法の体験実習

絵画や箱庭制作、ゲームや運動などの心理療法を実際に体験し、言葉とそれ以外の表現方法の相補性について理解を深めます。また、活動を通して完成させた作品を見ることで、自分や他者を客観的に見つめ理解する視点を養います。

絵本を通して学ぶ児童文化の役割
写真:ケースメソッド・絵本を通して学ぶ児童文化の役割

幼児教育の現場で広く用いられている児童文化財。その中から絵本を取り上げ、児童文化について学修することをめざします。読み聞かせ実習などを通して絵本についての見識を深め、子どもの成長発達におよぼす役割について学びます。

 

公認心理師資格

心の健康に関する専門家として多領域で活躍

現代社会は多大なストレス社会と言われ、こころの問題の重要性があらためて認識されています。公認心理師は、医療機関や福祉施設、学校、企業などで活動する心理職に対するニーズの高まりを受け、2018年度から養成が開始された心理職の国家資格です。

公認心理師になるには

学部4年間+修士課程修了で受験資格取得可能
受験資格を取得するためには、心理学科で指定科目28科目を履修した上で、大学院修士課程を修了することが必要です。心理学科では、資格取得希望者に対し、必要な講義科目が履修できるよう2年次後期に資格登録を実施(1学年あたり25名まで)。3年次から、医療・福祉・教育・司法・産業の5領域の実習ができるようカリキュラムを備えています。

資格取得希望者へのサポート

学びを深める多彩な授業ときめ細かな支援
学年ごとのガイダンスのほか、資格取得のために必要な講義の中で情報提供を行います。加えて、ケースメソッド・演習では、英語文献講読や心理検査実習などステップアップのためのカリキュラムを用意しています。また、図書館には臨床心理士資格とともに公認心理師資格コーナーを設置し、必要な資料に手軽にアクセスできるような体制を整えています。

 

STUDENT'S VOICE

科学的な視点と実習で磨いた対応力で公認心理師をめざす。
心理学科4年 IAさん


人間の行動の心理的背景や脳と心の関係に興味があり、心理学科を選択しました。臨床、発達、行動など幅広い心理学領域を総合的に学んでいく中で、特に面白いと感じているのは実験や心理的アセスメント、心理学統計法の授業。心理学は、人間の心理を科学的に研究する学問なので統計学などを使って数値化する授業があり、理系的なセンスが要求されます。そのため、数学に苦手意識があると多少苦労することもあると思いますが、この学科は先生方との距離が近く手厚いサポートを受けられるので、充分レベルアップできます。卒業後は、大学院に進学する予定。そして大学での学びを生かし、公認心理師として現場で活躍できる人材になりたいと思っています。

 

 
ページTOPへ