Sugiyama 椙山女学園
Sugiyama 椙山女学園
 
最終更新日: 2022-04-08

加藤   容子  [ かとう   ようこ ]

教授
写真:加藤 容子  
専門分野

臨床心理学、産業・組織心理学

研究テーマ

ワーク・ファミリー・コンフリクト/ファシリテーション、女性のキャリア、組織心理コンサルテーション

所属学会

日本心理学会、日本心理臨床学会、日本産業・組織心理学会、日本発達心理学会、日本精神分析学会、日本学生相談学会、経営行動科学学会、日本キャリアデザイン学会、東海心理学会

 

■メッセージ

 大学生は,アイデンティティを模索しながら確立していく時期と言われています。また多くの学生は,大学で教育課程を終え,卒業後は社会人として世の中に出ていくことになります。したがって,大学時代では,現在や過去の自分と向き合い自分の存在を確認しながら,それと将来の自分をつないでいく試みが必要になると思われます。
 特に女性の生き方を見ると,性別によって役割を分業する先の時代から,男女共同参画社会を指向する現代への変化によって,多様な生き方が可能となりつつあります。そして多様性が認められているからこそ,それぞれの人が“自分はどう生きるのか”という意思をはぐくむ姿勢が,より重要になっていると思われます。
 このような考えに基づき,私の授業では,臨床心理学,産業・組織心理学の知見を用いて,学生自らが感じ考えることで自分自身を形成していくことを目的としています。

 

■担当講義

科目名 学科 学年 開講期
人間論1人関・心理1前期
心理(日進) 1前期
ファーストイヤーゼミ心理1前期
卒論事前指導ゼミ人関・心理3後期
産業・組織心理学人関・心理2後期
心理学実験心理2前期
卒論事前指導ゼミ人関・心理3後期
公認心理師の職責心理2前期
産業・組織心理学人関・心理2後期
関係行政論心理3後期
心理実習I心理3前期
ケースI(加藤 容子)人関・心理3前期
卒業論文人関・心理4通年
臨床心理学基礎実習I大学院1前期
臨床心理学基礎実習II大学院1後期
臨床心理学実習I(心理実践実習IA)大学院1後期
心理実践実習IB大学院1後期
心理実践実習IIA大学院2前期
心理実践実習IIB大学院2前期
心理実践実習IIC大学院2前期
心理実践実習IIIA大学院2通年
心理実践実習IIIB大学院2通年
心理実践実習IIIC大学院2後期
臨床心理学実習II大学院2後期
産業・組織心理学特講▼(産業・労働分野に関する理論と支援の展開)大学院1前期
 
ページTOPへ